神待ち掲示板体験告白

ごく普通のその辺にいるサラリーマンをしています。
なにか面白いことがないか・・・
日々、ドキドキするような刺激的な何かを探していました。

そこで出会い系サイトのハッピーメールを試しにしてみました。
掲示板に色んなことが書いてある中で気になったのが
「神待ち」
と書かれた掲示板。
まさか・・・
と思いダメもとで神待ち掲示板に投稿。
少しのやり取りで
「泊めてー」
との返信がきてビックリしました。
興奮を抑えつつも会う場所も決めて実際に待ち合わせ。
本当に待っている間はドキドキが止まりませんでした。
不安もありました。
信じていいのか・・・
このまま来ないかも・・・
と思っていると本当に来たのです。
ぱっと見た感じ家出をするような子ではない大人しそうな子でした。
正直、可愛い子でタイプでした。

とりあえず食事をして少し喋って店を出たら
「疲れたからベットでゴロンしたい。」
と言われたので近くのホテルに行きました。
「先にお風呂に入ってきますね。」
変にソワソワ、オロオロ落ち着かない感じでした。
お風呂から上がってきたので次に僕も入りました。
上がってきたらその子はすでにベットで寝ていました。
小心者の僕はこのまま何もしないまま終わるのかと思っていました。
僕も彼女の隣に寝てそのまま寝てやろうかと少しグレました。
その時です。
「何もしないの?」
「このまま寝るの?」
起きていて急なその言葉に凄く興奮したのを覚えてます。
当然、そままなにもしなわけもなく。
そのまま寝るはずもなく。
激しい夜を堪能しました。

そこからと言うもの僕は「神待ち」と書いてある掲示板を探すようになりました。
このなんとも言えないドキドキな刺激的な感じがたまりませんでした。

そして「神待ち」と書いてある掲示板を見つけたのですぐに返信しました。
掲示板でやり取りをして待ち合わせをしてさっそく会うことになりました。

一回目は大人しそうな可愛い子でしたが次の子は、スタイル抜群のギャルでした。
ちょっと苦手かも・・・
と思いましたがご飯を食べながら喋っていると明るく楽しい気がとてもつかえる子でした。
そして一回目と一緒でそこから近いホテルに行きました。
ちょっと一息ついてから先にお風呂に入っていたら
「一緒に入ろ。」
と彼女がお風呂に入ってきました。

お互いの体を洗い合ってイチャイチャしてその延長で上がってからも
ベットの中でもイチャイチャとまるでカップルみたな感じでした。
そのまま彼女とは最後までしました。

いい経験と幸せな体験をしました。
今でも「神待ち」と書かれている掲示板を探しています。